京都 金銀糸 寺島保太良商店

本金糸 純金糸


本金糸は読んで字のごとく本金箔を使用して製作している金糸です。
 材料は純度の高い本金箔を使用いたしますし、その製作工程においても職人の手作業による部分が多くとても付加価値の高い品物となります.
 しかしそれゆえに本金糸の放つ光沢は非常に美しく、その輝きはいつもでも色あせないものとなります。

 本金糸は先ず原反となる和紙に漆を引き、その上に本金箔を職人の手により1枚1枚丁寧に押してゆきます。
 和紙の永尺の原反に数千枚の金箔を手作業で押してゆく箔押しの作業において、非常に扱いの難しい金箔を竹はさみで運んでいく手さばきは見事なものです。
 その手さばきもさることながらですが、じつは金箔の光沢や定着を決定付ける漆の状態は作業するその日の湿度や温度に大きく左右されます。
 その漆の状態の見極めもやはり長年の経験と勘が必要とされる職人技の領域といえます。

そのように出来上がった原反を細く裁断し、芯糸に寄り付けたものが本金糸となります。

 本金糸には芯糸はおもに細い番手には黄色に染めた正絹糸、太い番手にはレーヨンや綿を使用しています。

使用する本金箔については当店では以下の種類をご用意いたしております。

金箔押し上げ金糸
○純金色     (金箔1号色)    純金97.66% 純銀1.35% 純銅 0.97%
○本金山吹色  (金箔4号色)    純金94.43% 純銀4.90% 純銅 0.56%
○本金ツヤ色  (金箔仲色)     純金90.09% 純銀9.09%

本金糸の製作工程の動画

金箔を打ち伸ばす工程

金沢の金箔打ちの工房。
60年〜70年前の機械を今でも大切に使われています。
黒い紙包みの中には、金箔が数千枚重ねて収められています。
こういった機械を使って3/10000mmの薄さまで、金箔を打ち叩いて伸ばしていきます。
和紙に漆を引く工程 その1

本金糸を制作する工程で、純金箔を押すための下地づくり。
和紙に漆を引いていきます。
漆は和紙の表明を滑らかにして金箔の光沢を美しくするための「地漆」と、金箔を接着するための「押し漆」があります。
この工程では機械を用いて「地漆」を引いていき、「室(むろ)」と呼ばれる空間へ収納していきます。
和紙に漆を引く工程 その2

表面に漆を引かれた和紙は、「室(むろ)」と呼ばれる空間へ収納されていきます。
漆は湿度で定着していく特性を持っているので、室の中は打ち水をしたり加湿器を設置し、密閉して湿度の高い環境としています。
1〜2日程度、室の中で定着乾燥した地漆は、茶色く光沢を放った表情を見せてきます。
純金箔押の工程

地漆を引かれた和紙は、約60cmの幅に長さが125mあります。
この和紙の上に3寸7分(12cm弱)四方の金箔を手作業で押していきます。
この工程で使用する純金箔は5800枚。
1万分の3oという薄さの純金箔は取り扱いが非常に難しく、それを狂いなく隙間なく貼りこんでいく技術は見事なものです。
漆は湿度によって定着の条件が変わるので、漆の状況の見極めも非常に難しいところです。
高度な技術と経験と勘と根気が必要な工程です。
箔押原反の裁断工程 その1

純金箔を押し終えた600mm幅125m長の原反を裁断加工していきます。
まずは大切り裁断で600mm幅を六等分にカットします。
箔押原反の裁断工程 その2

六等分にカットした本金原反を、いよいよ金糸の太さに応じて細く裁断していきます。
太い番手で約2mm程度、細い番手ですと約0.8mm程度の幅で裁断をしていきます。
裁断した箔紙は、撚糸のためにボビンへ巻き取られていきます。
撚糸(ねんし)工程

細く裁断した箔紙を芯糸にらせん状に撚りつけていきます。
芯糸は黄色く染めた絹糸や綿糸を使用しています。
すき間を作らないように柔らかい風合いをまもって撚り上げていくことが大切なポイントです。
仕上げ

工場から撚りあがってきた本金糸を、刺繍職人様にお使い易いように小分けしていきます。
金糸を掛けつける板の長さは33cmです。
30周ごとにこよりで仕切りを入れながら、150周掛けつけると100mの長さに仕上がります。
少しひねりを加えて、こよりを束ねつけて本金糸の完成です。

贈答用 クラフト用 手芸用 純金 純銀 金銀糸

贈答用 クラフト用 手芸用 純金 純銀 金銀糸 純金・純銀を用いた金銀糸は祇園祭をはじめとした日本各地の
お祭りのかざり幕や、大相撲の化粧回しなどをはじめとして、
古くからの日本の伝統文化に根ざす神事、祭礼、慶事に
使われてきた歴史があります。
また高貴な人々の衣裳装束に使われてきた歴史もあり、
現在の豪奢な呉服にも引き継がれています。

金の持つ意味合いは
「永久不変」、「名誉」、「繁栄」、「高貴」をあらわし

銀の持つ意味合いは
「誠実」、「純潔」、「破邪」、「魔除」けをあらわします。

そのような金銀の輝きを糸としてものを形作ることは、
人々の良縁を結びつける力があります。

手漉き越前和紙使用 化粧箱入り 純金銀糸
合金率94.43%純金箔使用 合金率99.99%純銀蒸着フィルム使用

参考上代価格
30m仕上げ ¥8000(消費税別)
10m仕上げ ¥3500(消費税別) 

トップページに戻る。